読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Game Picks

国内外のスマホゲーム市場の分析や最新情報を発信するメディアです。著者は港区のスマホゲーム会社勤務中。

日本のあのゲームが1位!?Google Playゲームアプリ歴代ランキング!

スマホアプリの市場データと分析ツールを提供する調査会社「App Annie」が、Google Playで配信されているAndroidアプリの歴代ランキングを発表しました。対象期間は2012年1月から2016年3月までとなっており、この4年間で最も収益を上げたゲームアプリなどが紹介されています。

「ゲーム」分野は収益とダウンロード数、両方で首位となっており、Google Play の歴代ダウンロード数の約40%、歴代収益の約90%を占めています。

 

 気になる歴代収益ランキング!1位は日本でも人気のあのゲーム?

f:id:social-game-research:20160603160706p:plain

App Annieより引用 https://www.appannie.com/jp/

  

ゲームアプリの歴代収益ランキングのトップ10は、上記の通りです。全世界を対象としたランキングですが、日本からは4つのゲームアプリがランクインしています。 

 

堂々の第1位は、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの「パズル&ドラゴンズ」でした。パズル&ドラゴンズは、パズルゲームの要素と、戦いなどを通してキャラクターを成長させていくRPG(ロールプレイングゲーム)の要素を併せ持っているゲームです。ヒットの要因はゲーム性やスマホへの最適化といった理由があるようです。

 

3位はmixiの「モンスターストライク」、7位にはLINEの「ディズニーツムツム」、10位にはコロプラの「魔法使いと黒猫のウィズ」がランクインしています。いずれも「ガチャ」と呼ばれるシステムを採用しています。他にはSupercellの「Clash of Clans」、Kingの「Candy Crush Saga」など、日本でもおなじみのアプリが揃っています。

 

 続いて、ゲームアプリ歴代ダウンロード数ランキング!

f:id:social-game-research:20160603162558p:plain

App Annieより引用 https://www.appannie.com/jp/

トップはデンマークの「Subway Surfers」、2位は米国の「Candy Crush Saga」、3位はレバノンの「Pou」。上位10位以内に日本のゲームは1つもないという結果になりました。

Subway Surfers」はゲームの背景を世界のさまざまな都市に変えていくことにより、ユーザーの興味を保ちました。また、アメリカやメキシコなど72カ国以上でゲームのトップ10圏内を維持しています。

特徴としてトップ10のゲームは戦略ゲームの「Clash of Clans」を除き、9本がカジュアルゲームとなっています。

 

まとめ

  1. Google Play の歴代ダウンロード数トップ10と歴代収益トップ10の両方に入っているのは「Clash of Clans」と「Candy Crush Saga」の2本のみで、幅広い人気と収益化の両方に優れていることがわかります。
  2. ダウンロード数上位は世界各国から幅広くもたらされましたが、収益ランキングは日本、米国、韓国に集中するという傾向がありました。これはゲーム市場の大きさによるものです。
  3. ランキングには載っていませんが、今後は新興国スマートフォン普及により、新興国地域に根付くローカライズされたゲームを作ることが重要になると考えられます。