読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Game Picks

国内外のスマホゲーム市場の分析や最新情報を発信するメディアです。著者は港区のスマホゲーム会社勤務中。

Cygames、基礎技術開発の体制強化を目的とした研究所「Cygames Research」を設立!

6月8日、株式会社Cygamesがゲーム開発の基礎技術開発拠点となる研究所「Cygames Research(サイゲームス リサーチ)」を設立しました。所長には慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス政策・メディア研究科特任准教授の倉林修一氏を招きました。

 

ゲームの企画・開発・運営事業を展開する株式会社Cygames(以下サイゲームス、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡邊耕一)は、社内にゲーム開発の基礎技術開発拠点となる研究所「Cygames Research(以下、サイゲームス リサーチ)」を設立しましたことをお知らせいたします。

株式会社Cygames HPより引用

株式会社Cygames 基礎技術開発の体制強化を目的とした研究所「Cygames Research」設立のお知らせ | 株式会社Cygames

 

サイゲームス リサーチ設立について

サイゲームスは「最高のコンテンツを作る会社」というビジョンのもと、人々に喜びや夢を与える最高のブランドを目指すとともに、社会に多様な価値を提供することを目指しています。最高のコンテンツづくりを技術面から実現するため、倉林氏を所長にむかえ、サイゲームス リサーチを設立しました。

サイゲームス リサーチでの研究活動を通し、今後、サイゲームス自身がテクノロジー・リーダーとなり最高の技術を自ら生み出していきます。

 

サイゲームス リサーチが目指すもの

・「現実にインパクトを与える新しい理論」
他人とおなじことはしない。業界全体、社会全体にインパクトを与える技術、ユーザが感動する技術を生み出す理論を確立する。

・「実用と基礎研究の高速なイテレーション
知恵の正しさはその働きが証明する。研究の実用化こそが、次の研究テーマを生み出す。

・「優秀な人材は優秀な人材のいる場所に集まる」
トップレベルの国際学会での発表を通じて、サイゲームス リサーチを、グローバルなテクノロジー・ブランドとして確立し、世界中の優秀な人材を集める。

 

林修一氏の研究活動

倉林氏の研究領域は、情報配信システム、Webシステム、データベース、マルチメディア、プログラミングと多岐に渡っています。

倉林研究室(IMELab)では、「リアルタイム性」「デザイン」「感性」という全く新しい視点から、動画像データ、音楽データを対象とし、分析・検索・可視化・自動配信を行う"感性メディア・ハブ機構"の研究に取り組んでいます。また、新しいWebサービスや、アプリケーションの設計・構築にも力を入れています。