読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Game Picks

国内外のスマホゲーム市場の分析や最新情報を発信するメディアです。著者は港区のスマホゲーム会社勤務中。

「ポケモンGO」がFacebookとTwitterを超えた!?驚くべき5つの数字を紹介

海外で勢いの止まらない「ポケモンGO」。既存ゲームの歴史を塗りかえ、さらにFacebookTwitterといったSNSも超えたようです。

 そこで、今回は「ポケモンGO」の驚くべき5つの数字について紹介します。

※ 前回の記事『世界30カ国以上で売上1位の「ポケモンGO」。そのゲームシステムを紹介!』では「ポケモンGO」の他にはない特徴や遊び方を紹介しました。

 

要点

【1】1日のアクティブユーザー数がTwitterを超える

【2】ユーザーが「ポケモンGO」で過ごす時間はFacebookよりも長い

【3】米国のモバイルゲーム至上最も1日のアクティブユーザー数が多い

【4】ユーザー1人あたりの平均売上が他のカジュアルゲームの2倍以上

【5】ダウンロード後の翌日継続率が平均の2倍以上

 

 【1】1日のアクティブユーザー数がTwitterを超える

f:id:social-game-research:20160719201455p:plain

(画像:SurveyMonkey intelligence より引用)

SurveyMonkey intelligence によると「ポケモンGO」のiOSAndroid上の1日のアクティブユーザー数(DAU)は7月8日に約1000万人に到達し、Twitterを超えました。さらに、7月13日、「ポケモンGO」のDAU(約2500万人)はGoogleMapsを超え、Snapchatに迫る勢いです。

 

【2】ユーザーが「ポケモンGO」で過ごす時間はFacebookよりも長い

f:id:social-game-research:20160719202655p:plain

(画像:Sensor Towerより引用)

平均的なiPhoneユーザーが1日に「ポケモンGO」で過ごす時間はFacebookよりも1.5倍程度長い33分25秒となっています。Twitterでは約2倍程度の長さとなっており、「ポケモンGO」の利用時間の長さが窺えます。

 

【3】米国のモバイルゲーム至上最も1日のアクティブユーザー数が多い

f:id:social-game-research:20160719202539p:plain

(画像:SurveyMonkey intelligence より引用)

7月11日、「ポケモンGO」はDAUが2100万人を記録し、「キャンディークラッシャー」が2013年に達成したといわれるピーク値を超えました。米国以外のモバイルゲームの歴史に名を刻むのも時間の問題となりそうです。

 

【4】ユーザー1人あたりの平均売上が他のカジュアルゲームの2倍以上

 f:id:social-game-research:20160719201918p:plain

(画像:SurveyMonkey intelligence より引用)

ポケモンGO」のDAU1人あたりの平均売上(約0.25ドル)は他のカジュアルゲームの平均売上(約0.11ドル)の2倍となっています。DAU1人あたりの平均売上が多いと言われる「キャンディークラッシュ」よりもさらに大きくなっています。

 

【5】ダウンロード後の翌日継続率が平均の2倍以上

f:id:social-game-research:20160719201748p:plain

(画像:SurveyMonkey intelligence より引用)

 「ポケモンGO」のダウンロード後の翌日継続率(約75%)は一般的なゲームの平均(約30%)の2倍以上となっています。一般的なゲームではアプリをダウンロードした翌日に10人中3人しかゲームに戻ってきません。それに対し、「ポケモンGO」ではダウンロードした翌日に10人中7人が戻ってくるという驚異的な数字を記録しています。

 

まとめ

 今回は数字の観点から 「ポケモンGO」を見てきました。「ポケモンGO」はこれまでのモバイルゲームの歴史を塗りかえるだけでなく、FacebookTwitterといったSNSの巨人にも打ち勝っています。どこまでこの勢いが続くのか、今後の動向にも注目です。